世間知らずと呼ばれないために、見返しておきたい会議でのマナー

会議の知識

アジェンダの把握

会議が始まる前にアジェンダ(会議の目的・ゴール・時間配分など会議の概要)が全体で共有されていたら、しっかりと目を通しておきましょう。

余裕があれば当日何か発言できるように、事前に下調べをしたり議題に関して意見を考えておくようにしましょう。

資料に目を通す

事前にアジェンダ以外にも配布資料がある場合には、そちらも一度は目を通しておきましょう。

配布資料に目を通すなかで疑問に思ったことや、質問したいことが浮かんで来たら資料内にメモしておきましょう。

時間厳守

ビジネスマナーを守るうえで遅刻は厳禁です。

特に会議では自分以外に多くの人々が集まっており、中には社長や経営幹部など役員が集まるものもあります。

そういった人々に迷惑をかけないためにも、会議が始まる時間より少し早めに会議室に行くよう心がけましょう。

もし、なんらかの理由で遅刻が避けられないのなら、事前に早めに連絡を入れておくことが重要です。

携帯の電源を切る

携帯をマナーモードにしておいても、静かな会議室内ではマナーモードの振動さえ不愉快な騒音になりかねません。

会議が始まる前に携帯電話の電源を切り、会議に備えておきましょう。

居眠りに注意する

会議に慣れていないうちは緊張で目が覚めやすいですが、慣れてくるとつい居眠りしがちです。

居眠りを避けるためにも会議前にカフェインを摂取したり、あまりに疲れがたまっている場合は15分程度の仮眠をとると良いでしょう。

結論から話す

会議で発言する際には要点をまとめて結論から話すようにしましょう。

長い前置きをしてから話すと、何を話しているのか分かりにくいですし、結果として伝えたかったことが伝えられないという事態に陥ります。

必ず会議で発言するときは結論から、を心がけましょう。

会議内容を整理する

会議に議事録係がいるなら、会議内容を後ほど共有してくれるはずですが、まずは自分が会議に出て何があったのかをまとめましょう。

会議内容を忘れてしまうのを防ぐため、内容を見直すのは出来るだけ会議のすぐあとが望ましいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました